GxGconcept

文部科学省の平成28年度「大学の世界展開力強化事業~アジア諸国の大学間交流の枠組み強化~タイプA-②:キャンパス・アジア(CA)事業の推進」に本学申請プランが採択されました。

同事業は、平成22年より継続している本学と韓国芸術総合学校および中国伝媒大学とのアニメーション共同制作を発展させ、国際共同制作を基盤とした共同カリキュラムを構築するプロジェクトです。

日中韓の学生が混成チームをつくり、「共同企画」「Web会議」「共同制作」「アニメーションフェスティバル(上映会)」により構成される「国際共同演習」を3カ月にわたる日中韓3大学の共同カリキュラムとして実施します。これに加えて、各大学においてアニメーション分野または映像メディア分野に関する短期集中講座を開講し、各国の優れた技術・技法・表現・理論等を短期間で重点的に学修・修得することを希望する学生について、相互の派遣・受入を行います。

これらの取組を通じて、アニメーション分野において国際共同制作や共同研究を牽引する人材、国際的な視野を持ち深い知識と高い技術を国際協働の場で活かせる人材、映像分野におけるグローバル化を先導する人材の養成を目指します。

日中韓学生アニメーション共同制作 co-work

事業の概要

本事業では、新時代のアニメ・映画監督を育成するために、国際的にも同分野で評価の高い日本・中国・韓国の国立大学が、国際共同制作を基盤とした共同カリキュラムを構築する。三大学の高度な連携により可能となるこの事業は、アニメーションの国際教育拠点形成を見据えた、世界をリードする取組である。

本事業で養成する人材像

・アニメーション分野において国際共同制作や共同研究を牽引する人材
・国際的な視野を持ち、深い知識と高い技術を国際協働の場で活かせる人材
・映像分野におけるグローバル化を先導する人材

本事業の特徴

日本・中国・韓国という、映像メディアおよびアニメーションの分野で評価の高い国々において、各国を代表する国立大学の学生が混成チームによりアニメーションの共同企画から制作までを行うプログラムは、世界的に見ても例のない極めて先進的かつ実践的なものであり、高い教育効果と社会的なインパクトを有する。

CO-work Website: http://caica.online/

活動報告

Report 166 「日中韓文化芸術教育フォーラム2017」

Japan-China-Korea International Animation Co-work Curriculum

Summary of Project

Three top universities of film and new media (including animation) from Japan, China and Korea – Tokyo University of the Arts, Communication University of China and Korea National University of Arts – will organize an international collaborative practicum of animation. Attending students from the three universities will form mixed groups to work together on the whole animation-making process from planning to production, culminating with a screening of the completed films.

Global Human Resource on the project

– To develop human resources with a global perspective
– To develop human resources with knowledge and skills that can be applied to international collaborative projects
– To nurture leaders in the globalization of film, new media and animation

Feature on the project

This is a globally unprecedented, extremely advanced and practical project that allows students from three different countries to work together in mixed groups on the whole animation-making process from planning to production. Significant educational effects and favorable social impacts can be expected since the students will be participating from and collaborating with three renowned international film and media institutions that represent three countries with acclaimed film, media and animation fields – Japan, China and South Korea. The experience of jointly producing a project with other future leaders from foreign countries will undoubtedly be beneficial to tripartite creations that are expected to increase in the coming years.

Last Updat: April 09, 2018