PAGE TOP

フランスからの贈り物

2015.11.27

11月19日、本学の附属音楽高校で、フランス首相夫人マダム・グラヴォワンから届いた贈り物の授与式を開催しました。

この贈り物は、去る10月5日に来学されたマダム・グラヴォワンから、そのときに歓迎の演奏を披露した学生・生徒及び教員の一人ひとりに対して贈られた記念の品であり、首相夫人からの感謝の手紙と共に本学に届きました。
(10月5日に関する記事:http://global.geidai.ac.jp/reports/034/

授与式では澤和樹音楽学部長が、台湾演奏旅行から帰国した翌日にもかかわらず首相夫人の歓待に快く協力してくれた生徒達を改めて労いつつ、便箋に綴られたマダム・グラヴォワンからのお礼の言葉を読み上げた後、一人ひとりに記念品の包みを手渡しました。

期待と感謝で表情を緩ませた高校生達は、包みを開いて4色の色違いの腕時計を目にすると歓声を上げ、中にはお目当ての色の時計を求めて侃々諤々の交渉を行う生徒の姿もありました。

report041-01記念品の包みを開封する生徒たち

パリ・コンセルヴァトワール出身の優れた音楽家でもあるフランス首相夫人を演奏でお迎えするという貴重な機会に加え、素敵な記念の品までお贈りいただき、マダム・グラヴォワンのお心遣いには重ねて感謝申し上げます。この経験は、お贈りいただいた時計のリズムにあわせて、高校生の心に深く刻まれていくものと思います。

いつか本学を再訪され、あるいは本学がフランスを訪れ、豊かな時間を経てさらに磨かれた演奏をお聴かせする日が来ることを、心待ちにしております。

report041-02