GxGREPORT

オランダ芸術科学保存協会(NICAS)との共同研究のためのオランダ出張A visit to the Netherlands for collaborative research with NICAS

August 05, 2016

[:ja]本年2月のオランダ芸術科学保存協会 (NICAS;Netherlands Institute for Conservation Art and Science)と東京藝術大学の協定締結を踏まえ、複製制作に関する共同研究を推進することを目的に2016年6月28日~ 7月5日にかけて、東京藝術大学社会連携センター(COI担当)の教員6名がオランダを訪問しました。

東京藝術大学COI拠点はNICASと連携し、最先端技術と伝統技法を活用して2つの絵画作品(ブリューゲル作「バベルの塔」、ゴッホ作「青い花瓶に入った花」)の複製制作プロジェクトに取り組んでいます。

今回、デルフト工科大学のヨリス・ディック博士が、「バベルの塔」の蛍光X線スキャン分析を行ったタイミングでボイマンス美術館を訪問し、その結果について説明を受けるとともに、関係者と詳細の打ち合わせを行いました。その後、精緻な複製を制作するための作品(側面や縁など)の写真撮影、複製の試作品と現物の色合わせ作業などを実施しました。今後、「バベルの塔」についてはサイズを拡大し、絵具の質感まで再現した複製画を制作し、来春日本で開催される「ボイマンス美術館所蔵 ブリューゲル『バベルの塔』展(朝日新聞社主催)」で展示する予定です。
(詳細HP: http://www.asahi.com/articles/DA3S12434045.html

report078-01複製の試作品をみながら関係者と打ち合わせ

report078-02作品の側面を写真撮影

※Pieter Bruegel (I)
Brueghel c. 1526/1530 – Brussels 1569
The Tower of Babel, c. 1568
Oil on panel

翌日に一行はデルフト工科大学を訪問し、先方の開発している3D計測技術ならびに3D印刷技術についての調査と意見交換を行いました。その後、先方の3D計測や組成分析データを用いて東京藝術大学COI拠点が制作した「青い花瓶に入った花」の複製の試作品を紹介したところ、その質感や色合いについて非常にポジティブなフィードバックを得ることが出来ました。その後、共同研究について手順やスケジュールなど、詳細の打ち合わせを行い、引き続きオランダの各文化施設が所有する絵画作品の複製制作について、複数の共同研究プロジェクトと並行して実施していくことを確認しました。

report078-03東京藝術大学COI拠点が制作した複製の試作品をみるディック博士

その他、アムステルダム国立美術館修復工房(NICAS本部)の見学・交流、オランダで販売されている画材の調査・購入、今後NICASと共に新たな複製制作に取り組む予定の作品の下見なども実施し、非常に実りの多い出張となりました。

今後、前述の「ボイマンス美術館所蔵 ブリューゲル『バベルの塔』展」をはじめ、東京藝術大学とNICASの連携で制作した革新的な複製作品がみられる機会が増えていくことが期待されます。[:en]本年2月のオランダ芸術科学保存協会 (NICAS;Netherlands Institute for Conservation Art and Science)と東京藝術大学の協定締結を踏まえ、複製制作に関する共同研究を推進することを目的に2016年6月28日~ 7月5日にかけて、東京藝術大学社会連携センター(COI担当)の教員6名がオランダを訪問しました。

東京藝術大学COI拠点はNICASと連携し、最先端技術と伝統技法を活用して2つの絵画作品(ブリューゲル作「バベルの塔」、ゴッホ作「青い花瓶に入った花」)の複製制作プロジェクトに取り組んでいます。

今回、デルフト工科大学のヨリス・ディック博士が、「バベルの塔」の蛍光X線スキャン分析を行ったタイミングでボイマンス美術館を訪問し、その結果について説明を受けるとともに、関係者と詳細の打ち合わせを行いました。その後、精緻な複製を制作するための作品(側面や縁など)の写真撮影、複製の試作品と現物の色合わせ作業などを実施しました。今後、「バベルの塔」についてはサイズを拡大し、絵具の質感まで再現した複製画を制作し、来春日本で開催される「ボイマンス美術館所蔵 ブリューゲル『バベルの塔』展(朝日新聞社主催)」で展示する予定です。
(詳細HP: http://www.asahi.com/articles/DA3S12434045.html

report078-01複製の試作品をみながら関係者と打ち合わせ

report078-02作品の側面を写真撮影

※Pieter Bruegel (I)
Brueghel c. 1526/1530 – Brussels 1569
The Tower of Babel, c. 1568
Oil on panel

翌日に一行はデルフト工科大学を訪問し、先方の開発している3D計測技術ならびに3D印刷技術についての調査と意見交換を行いました。その後、先方の3D計測や組成分析データを用いて東京藝術大学COI拠点が制作した「青い花瓶に入った花」の複製の試作品を紹介したところ、その質感や色合いについて非常にポジティブなフィードバックを得ることが出来ました。その後、共同研究について手順やスケジュールなど、詳細の打ち合わせを行い、引き続きオランダの各文化施設が所有する絵画作品の複製制作について、複数の共同研究プロジェクトと並行して実施していくことを確認しました。

report078-03東京藝術大学COI拠点が制作した複製の試作品をみるディック博士

その他、アムステルダム国立美術館修復工房(NICAS本部)の見学・交流、オランダで販売されている画材の調査・購入、今後NICASと共に新たな複製制作に取り組む予定の作品の下見なども実施し、非常に実りの多い出張となりました。

今後、前述の「ボイマンス美術館所蔵 ブリューゲル『バベルの塔』展」をはじめ、東京藝術大学とNICASの連携で制作した革新的な複製作品がみられる機会が増えていくことが期待されます。[:]

Six academic members of the Center of Innovation (COI) site in the Public Collaboration Center at Tokyo University of the Arts (TUA) visited the Netherlands between June 28 and July 5, 2016, with the aim of advancing collaborative research on art reproduction with the Netherlands Institute for Conservation Art and Science (NICAS) based on the partnership agreement signed by the two organizations back in February.

Currently, TUA’s COI site is working on a project to reproduce two paintings (“The Tower of Babel” by Pieter Bruegel and “Flowers in a Blue Vase” by Vincent van Gogh) in collaboration with NICAS, using cutting-edge technology and traditional art techniques. Having been notified that one of the NICAS members, Prof. Joris Dik of Delft University of Technology, was going to conduct an XRF mapping analysis for “The Tower of Babel” in the Museum Boijmans Van Beuningen at the end of June, the COI members planned accordingly to visit the museum at this time. In the museum, the group from TUA listened to the results of the XRF analysis reported by Prof. Dik, and discussed details with the partners of this project. Then, they took photographs of the original painting, including its sides and edges, in order to achieve accurate reproduction, and checked the colors of the reproduction samples that the TUA members brought by making a comparison with the original. Ultimately, the COI site intends to make a reproduction of “The Tower of Babel” in an enlarged size, with the texture identical to the original painting. The reproduction will be displayed at the exhibition organized by the Asahi Shimbun, Collection of Museum Boijmans Van Beuningen, Bruegel’s “The Tower of Babel” and Great 16th Century Masters, to be held in Japan in spring 2017. More information about the exhibition can be found at the following link: http://www.asahi.com/articles/DA3S12434045.html

report078-01Discussing the results of the reproduction samples

report078-02Photographing the side of the original painting

※Pieter Bruegel (I)
Brueghel c. 1526/1530 – Brussels 1569
The Tower of Babel, c. 1568
Oil on panel

On the following day, the TUA members visited the Delft University of Technology (TU Delft) to meet again with Prof. Dik. After observing the 3D-measuring and 3D-printing technologies developed by the university and sharing opinions, the members from TUA showed the reproduction samples of “Flowers in a Blue Vase” that the COI team produced, using the data from the 3D-measuring and chemical composition analysis provided by Prof. Dik. They received very positive feedback on the texture and color tones. Then, the TUA members and Prof. Dik discussed details of their collaborative project, such as the process and schedule, and confirmed that they would continue to work together in carrying out various collaborative projects concurrently to reproduce artworks owned by Dutch cultural institutions.

report078-03Prof. Dik observing one of the reproduction samples prepared by TUA’s COI site

Furthermore, the TUA members visited the conservation studio of the Rijksmuseum (at which NICAS is headquartered), where they were greeted by its staff. They also explored paints and materials sold in the Netherlands, some of which they purchased and brought home, and went to see the paintings for their next reproduction projects with NICAS. All of these made the trip very productive.

Hopefully, we will see more of the innovative projects carried out in collaboration between Tokyo University of the Arts and NICAS in the future, as illustrated by the scheduled exhibition on the collection of the Museum Boijmans Van Beuningen.