PAGE TOP

[留学生の藝大体験記13] Ale Grilli(映像研究科・メディア映像専攻)

2016.9.2

※留学生本人から英語で提出されたものを原文のまま掲載してあります。
※和訳は、大学側でつけたものです。

Name, Department, Home country and city, Duration
基本情報(氏名、所属、出身国・都市、在籍期間)

I’m Ale Grilli, a student of the New Media Master’s program taught at the Yokohama side of Tokyo Geidai. I come from the capital of Chile, Santiago, and I’m studying here for two years.

私は、東京藝大横浜キャンパスの修士課程の学生でメディア映像を専攻しているアレ グリリと申します。チリの首都、サンティアゴ出身で、東京藝大で2年間学びます。

Why did you choose Geidai as your study abroad destination?
藝大に留学したきっかけ

At the point when I decided to study a Master’s degree in Japan I didn’t know about Tokyo Geidai. I actually applied to other places, other programs that were offered in English, but failed to secure financing, so I gave up. I ended up studying six months at a language school in Nagano before I decided I would try again. I was now more confident in my Japanese, so I researched regular Japanese-taught programs. My desire was to find a place that would help me put together my academic background in design with my self-taught programming abilities. I found and investigated the New Media program thoroughly and found it was incredibly varied and open, a suitable space for my eclectic interests.

日本の大学院で学ぼうと決めたときにはまだ、東京藝大のことを知りませんでした。実際には、英語で開講されているプログラムのある別の学校に出願したのですが、留学資金を確保できなかったためあきらめていました。結局、長野にある語学学校で6か月間日本語を学ぶことになり、その後もう一度大学院への出願に挑戦しようと決意しました。もっと日本語に自信を持てるようになったので、今度は日本語で行われる通常のプログラムを探しました。私が求めていたのは、デザインの学問的知識と独学で身につけたプログラミングのスキルを融合できる場所です。東京藝大のメディア映像プログラムを見つけ、よく調べたところ、非常に多様でオープンな内容であることがわかり、自分の幅広い関心に適した場所であると考えました。

report081-01

What did you do to prepare yourself for studying abroad in Japan?
留学前に準備したこと

It was a long process that, while not at that time directed at coming here to study, started with my going to Japanese classes back in Chile from 2007, then for six months in Japan. For several years I had many attempts at finding funding, while I researched universities and their programs. I grew ever closer and informed of the culture by way of constant study (I watched countless TV series, listened to much Japanese music, and so on.) It was however a largely organic process directed by my own anthropological curiosity.

当初は東京藝大に来る予定ではありませんでしたが、チリで日本語のクラスに通い始めたのが2007年で、日本に来てからも6か月間日本語を学び、長い道のりとなりました。何年間も、日本の大学とプログラムを調べる一方で学費を賄う方法を探していました。日々の学習(数え切れないほどのテレビ番組を見たり、邦楽を聴いたりしていました)によって日本文化にも慣れ親しむようになりました。しかし大部分は、自分の人類学的好奇心によって導かれた有機的なプロセスであったと思います。

What do you study at Geidai?
藝大で学んでいること

I’m in the New Media program. What we study is just that, “new media”—that is, the use of new channels for expressive output. My classmates’ work ranges from video works to art installations to dance to animation to education. What I’ve been doing has been mostly focused on programming language design, though lately I’ve shifted my focus to human languages and their relation to psychology and society, and creating video and other work with that theme.

私が学んでいるのは、メディア映像 (英語プログラム名はNew Media)です。このプログラムで学ぶことは、ずばり「新しいメディア」です。つまり、新しい手段で作品を生み出すということです。クラスメートの作品は、映像作品からインスタレーション、ダンス、アニメーション、教育まで多岐にわたります。私の活動内容は、主に言語設計のプログラミングです。でも最近は、人間の言語と心理や社会との関係に焦点を当て、そのテーマについて、映像やその他の形で創作を行うことが多くなっています。

report081-02

What do you like about Geidai?
藝大に来てよかったこと

I can’t speak about the university as a whole, because us at the Yokohama side are physically separated from the main Ueno campus and the others, and I’ve had few chances to visit them. However, in the Film and New Media school, and more specifically in the New Media program, I’ve found an outstanding place to explore and experiment. I’ve had the pleasure to, for instance, try my hand at programming a drone. I’ve been compelled to create works I probably would not have otherwise, like radio plays and video performances. It’s been a great place to flex muscles I didn’t even know I had (even in the literal, physiological sense,) and have fun experimenting and discovering connections in varied sources. The professors are all very strict and sometimes temperamental, but they’re also very passionate and provocative. These things I all like.

横浜キャンパスは、物理的に上野のメインキャンパスやその他のキャンパスから離れていて、実際に行ったことはほとんどないので大学全体のことは言えませんが、映像研究科、特にメディア映像プログラムは、探求や実験ができるすばらしい場所です。例えば、ドローンのプログラミングを自分でやってみるという体験をすることができたのは嬉しかったです。ラジオ演劇や映像パフォーマンスといった、他ではやることがなかったであろう作品作りにもやむを得ず取り組むことになりました。ここでは、自分でもあると思っていなかった筋肉を動かし(「力を発揮する」という文字上の意味でも生理学的な意味でも)、様々な情報の中の繋がりを実験したり発見したりすることを楽しむことができます。教授は皆厳しく、気難しいところもありますが、また同時に非常に熱心であり刺激的でもあります。これらは全て私が気に入っているところです。

What are the things that impressed you or surprised you in Japan?
日本に来て印象に残っていること・意外だったこと

I’ve been asked this question by many people back in my home country, and by Japanese people here in Japan. I never know what to answer, because by the time I first came to Japan (2013) I was already through a process of immersion in the Japanese culture, as part of my study of the language. There was little that was shockingly novel, just small things. For instance, I was fascinated by the fact that eating out could be pretty affordable if not outright cheap, and with the wide offer of cuisines that cover not only the range of Japanese dishes but also others from extremely diverse origins, even in the smaller cities and towns.

この質問は、故郷のチリでも日本でもよく受けます。いつもどのように答えたらよいかわかりません。なぜなら、最初に日本に来たとき(2013年)にすでに、日本語学習の一環として日本文化に浸るプロセスを経ていたからです。衝撃的というほどに目新しいものはほとんどなく、些細なことが多いです。例えば、外食は、激安とまではいかないまでも手頃な値段で可能で、小さな町であっても、日本食に限らず極めて多様な地域の料理を楽しむことができるということに感動しました。

What are your future goals?
将来の目標

What I can say is that I don’t want to become the best at one single thing. I have very diverse interests, and I want to explore them as fully as I can. I want to do many different things, be a nomad in my career. One constant is just that I love creating, and I want to continue creating things that educate, things hitherto unseen, things that are useful, things that work beautifully, things that make people think.

私に言えることは、一つのことだけに長けている自分になりたくないということです。私はたくさんのことに関心があり、できるだけ精一杯それらのことを探求したいのです。色々なことをやって、ノマド(遊牧民)として仕事をしていきたいと考えています。ただ一つ不変なのは、私は作ることが大好きであるということ。これからも、教育的なもの、これまでに見たことのないもの、便利なもの、見事に作用するもの、人々に考えさせるものを作り続けていきたいと思います。

Please write a message for students wishing to study in Japan.
日本への留学を考えている学生へのメッセージ

Hi there future student-in-Japan. Everything about your stay here will no doubt provide ample opportunities for self-growth, way beyond just the school curriculum. You’ll make friends, fail at your goals, marvel at the little things, get your heart broken, find new things to like, get out of your comfort zone. As I did. It’s just life, but it’s also a life that you would not have were you not around.

将来日本にいる学生のあなたへ。こんにちは。あなたは、間違いなくここでの全ての経験を通じて、自分を成長させるたくさんの機会を得ることでしょう。それは、学校のカリキュラムの枠を遙かに超えるものです。友達もできるでしょう。目標に失敗したり、ちょっとしたことに驚いたり、失望することもあるでしょう。でもいずれまた好きな何かを見つけ、自分の安全領域から抜け出すのです。私がそうしたように。人生はそういうものです。でもそれは、ここに来なければ経験できないことでもあります。

report081-03