PAGE TOP

東京藝術大学国際交流会館に入居する留学生と地域の方々との交流会2016

2016.11.28

去る11月17日(木)、本学の国際交流会館に入居する留学生と地域の方々との親睦を深めることを目的とした交流会を、松戸・国際交流会館にて開催しました。

当日は、同館のある千葉県松戸市の地域会をはじめ、白井市や茨城県取手市の国際交流協会、さらには千葉大学等、日頃からも国際交流会館をご支援いただいている方々をご来賓としてお迎えしました。また、過去に同館で生活していた留学生も交流会に集まりました。

report092-01

冒頭に、三田村有純 国際交流会館長と入居者代表者の挨拶があり、ご支援を頂いております地域住民の方々及び国際交流協会の方々に対する感謝の言葉を述べました。

引き続き、ご来賓の方々より留学生に対する激励の言葉を頂くと共に、各団体が実施する留学生イベントの告知が行われました。

report092-02

交流会では、おでんやお菓子等を楽しみつつ、それぞれ会話が弾む中、新松戸コミュニティ五番街自治会「踊る阿呆会」の方々による、「日本の踊り」が披露されました。また、留学生による演奏も行われ、ドイツ出身で器楽科ピアノ専攻の交換留学生KRUTZ SYLVIA KIMIKOさん がFrederic Rzewski作曲の「Winsboro cottonmill blues」を演奏しました。

report092-03

最後に、石田国際交流会館主事が「地域の方々や国際交流会の皆様のこれまでのご支援に感謝すると共に、これからも本学留学生を見守って頂きたい」とお礼を述べ、盛況のうちに交流会は締めくくられました。

この機会が留学生と地域の方々の今後の関係をより深める契機となることを期待します。

report092-04