【重要】年末年始の窓口対応及び注意事項【IMPORTANT】Office Hours and Cautions During the New Year’s Holidays

December 20, 2021

留学生のみなさまへ

<窓口対応について>

国際企画課は、年末年始休業に伴い、2021年12月29日(水)から2022年1月3日(月)までの6日間、閉室します。12月28日(火)が今年最後の窓口営業日となります。
この期間中は、メール・電話での問い合わせにも対応できません。御用のある方は、閉鎖期間以外の平日に連絡くださるようお願いいたします。
ご不便をおかけいたしますが、ご理解とご協力をお願いいたします。

なお、出入国在留管理庁も、12月29日(水)から1月3日(月)は年末年始休暇期間となり、閉庁されます。この期間は在留資格の申請はできませんので、在留期限の更新手続などを行う必要のある人は、ご注意ください。在留期限を過ぎての申請は受け付けられないことがあり、最悪の場合、国外退去を命じられることがあります。

12月・1月に在留期限の更新などがある方は、いますぐ大学に必要書類を申請するようにしてください。申請の仕方や必要書類は、「在留期間更新」のページを確認してください。

国際企画課以外の大学の窓口も、2021年12月29日(水)から2022年1月3日(月)まで閉鎖となります。各種の証明書の発行もできませんので、十分にご注意ください。

 

<一時帰国の注意について>

メディアでも報道されておりますが、新型コロナウイルス感染症が収まる気配がありません。また、新たな変異株オミクロン株に対する防疫措置の強化により日本政府の入国に係る対応も厳しくなっております。

このような状況下での不要不急の渡航はお勧めしませんが、どうしても一時帰国しなければならない特別な事情がある場合は、フライトチケットを購入する前に必ず出入国に関するルールを知りましょう。

必ず以下の2つのリンク先を読んで、指導教員の先生に相談してください。

現在、オミクロン株の感染拡大の影響で日本への再入国時に特別な措置がとられています。通常の手続きに加えて、14日間の自主隔離用滞在場所の確保、空港から滞在場所までの移動手段の確保等も引き続き必要となっています。
※滞在していた国・地域によって措置は異なります。また今後の状況次第で、措置内容がしばしば変わることもあるので、ご自身で必ず日本大使館のホームページなどから情報収集してください。
再入国にあたり、日本政府が求めている防疫措置を全て守れなかった場合には、個人情報を公表されるなど、今後の国際的な活動にも影響が生じる可能性があります。

国際企画課

Dear International students,

<Office Hours>

The office of the International Affairs Division will be closed for six days from Wednesday, December 29, 2021, to Monday, January 3, 2022, due to the New Year’s Holidays. Tuesday, December 28 is the last opening day of the year.
During this time, we’ll be unable to respond to phone calls or emails. If there is anything you need assistance with, please contact us on weekdays before or after the closure period mentioned above. Thank you for your understanding and cooperation.

For the same reason, the Immigration Bureau of Japan will also be closed from Wednesday, December 29, to Monday, January 3. No applications will be accepted during the holidays. Please check the validity of your current period of stay on your Residence Card and make sure it doesn’t expire in December or January. If you apply after the period of stay has expired, your application may be rejected and, in the worst case scenario, you might be deported to your country.

If your period of stay does expire in December or January, please request the necessary documents to the university immediately to apply for renewal. To find out more about how to apply, please refer to this page.

Other divisions of the university will also be closed from Wednesday, December 29, 2021, to Monday, January 3, 2022. Please note that any kind of certificate cannot be issued during this period.

<Cautions on Temporary Leave>

As reported by the media, the COVID-19 pandemic shows no sign of abating. The Japanese government’s quarantine measures also have been reinforced to strengthen border control measures against the new variant of the COVID-19, Omicron strain.

Non-essential travel is strongly discouraged at this time. However, if you have a special reason and cannot avoid traveling to your country, before you purchase your flight ticket and leave Japan, please ensure to check the rules and procedures for re-entry back into Japan.

Please make sure you check the links below and consult with your supervisor.

Currently, special measures are implemented when (re-)entering Japan due to the spread of Omicron strain. In addition to the usual procedures, it is still necessary to secure a place to stay for 14 days for self-quarantine and a means of transportation from the airport to the accommodation.
*These measures vary with countries and regions you stayed. The measures are often subject to change depending on the situation, so please be certain to keep up with the latest information on the websites of the Japanese embassy in your country and other reliable sources.
If you fail to comply with all quarantine measures required by the Japanese government on re-entry, your personal information may be made public, and there is a possibility that your future international activities may be affected.

International Affairs Division