新型コロナウイルス感染症に関する新たな水際対策措置(出国前検査陰性証明保持の見直し)Regarding Pre-departure COVID19 Negative Certificate

September 05, 2022

8月25日、新型コロナウイルス感染症に関する水際措置の見直しの詳細が公表されました。措置の概要は以下のとおりです。

1.出国前検査証明提出の見直し

9月7日午前0時(日本時間)以降、有効なワクチン接種証明書を保持している全ての帰国者・入国者については、出国前72時間以内の検査証明の提出を求めないこととします。

2.措置の詳細は、以下の別紙を参照してください。

別紙「水際対策強化に係る新たな措置(31)」

https://www.anzen.mofa.go.jp/covid19/pdf2/0825_31.pdf

※ 外務省の感染症危険情報発出国については、外務省海外安全ホームページを御確認ください。

https://www.anzen.mofa.go.jp/

※ 査証制限措置対象国については外務省ホームページを御確認ください。

https://www.mofa.go.jp/mofaj/ca/fna/page4_005130.html

From 0:00 am (JST) on September 7, 2022, based on the New Border Measures (31), among all cross-border travelers and returnees from countries/regions where the B.1.1.529 Omicron variant becomes dominant, persons who possess a valid vaccination certificate of COVID-19 will be no longer required to submit the certificate of negative result of pre-departure COVID-19 test within 72 hours prior to departing from the original country/region.

 

(Reference)Border measures to prevent the spread of novel coronavirus (COVID-19)
https://www.mofa.go.jp/ca/fna/page4e_001053.html