GxGinternational

藝大で学ぶ(講座・語学関連)GSC Classes and Language Study

グローバルサポートセンター 国際コミュニケーションプログラム 2020International Communication Program (Classes by the Global Support Center)

for English, click the [EN] button on the upper right corner of this page.

*新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、授業のスケジュールや内容が変わる可能性があります。大学のアカデミックカレンダーの変更についてはこちらをご覧ください。

東京藝術大学グローバルサポートセンターでは、世界で活躍できるトップアーティスト・研究者の育成を目指し、各学部・研究科等と共同でさまざまな取組を行なっています。その柱となる「国際コミュニケーション講座」は、藝大生が多様な文化的背景や価値観を持つ人々とともに芸術活動を行う上で必要な教養やスキルを身につけるプログラムです。学部生・大学院生・留学生問わず、藝大生なら誰でも受講することができます。
※受講方法はプログラムごとに異なります。各プログラムの説明に従って申し込んでください。

正規科目 | 日本の芸術・文化を英語で学ぶ

主催:美術学部 協力:グローバルサポートセンター

新時代のアーティスト・研究者には、自国あるいは他国のアートの価値を多様な視点から見つめ、それを文化的背景の異なる人々に伝えられる力が求められています。この科目では、本学が教育・研究を行ってきたいくつかの芸術分野(2020年度は工芸、版画、アニメーション、邦楽)の教義を歴史的、体系的に英語で理解し、世界に向けて英語で発信することを目指します。国内の学生に対しては、自国の芸術・文化をグローバル視点で捉え直す機会を、また留学生に対しては、自分の専門以外の分野を概論的に学ぶ機会を提供します。クリティカル・シンキングとディスカッションを重視した講義形式。

全15回の講義内容(予定)

授業の遠隔化と学事暦変更により、講義の順番などの変更があります。詳しくはGoogle Classroomをご確認ください(Classroomへの参加方法はキャンパスプラン内で公開しています)。

  1. オリエンテーション
  2. 工芸①日本工芸の黎明:東西文化と芸術の交わり/工芸における正倉院御物の重要性、パトロンとは/将軍家の果たした役割
  3. 工芸② 素材別にみる工芸史:陶芸(有田と瀬戸の興亡)/金工(工芸の中心としての役割とその後)/木工(伝統と発展の狭間)/染織(日本の色と織)/漆芸(西洋の憧れとアジアの漆芸)
  4. 工芸③ 明治の超絶技巧から現代工芸へ
  5. アニメーション① 日本アニメーションの起源:海外作品から学び、独自の表現を生み出した初期作家たちの挑戦
  6. アニメーション②人形アニメーションの系譜と進化:創始者・持永只仁と川本喜八郎、岡本忠成の作品を中心に
  7. アニメーション③ 1956年~1965年激動の時代:大手スタジオの誕生から自主制作アニメーションの台頭、そしてテレビアニメへ
  8. 版画① 日本版画の今昔:江戸の墨摺絵から近代・現代版画まで
  9. 版画② 現代アートにおける日本の版画と印刷表現:シーンを牽引する作家とアイデア
  10. 版画③ 日本版画の未来:ポストデジタル時代におけるアートと視覚文化
  11. グループワークまたは他ジャンルの講義
  12. 邦楽① 邦楽の多様な世界:雅楽から、能楽、狂言、歌舞伎、日本舞踊、仏教音楽、浄瑠璃、民謡、祭礼音楽、箏曲、尺八、琵琶まで
  13. 邦楽② 雅楽、能、狂言の世界:成り立ち、表現方法、衣装や舞台装置、小道具、音楽の違い
  14. 邦楽③ 箏曲、尺八の世界:楽器の特徴、個性、アンサンブル、古典から現代邦楽まで
  15. まとめ
曜日時限 前期・後期ともに水曜日3限
講師 井谷善惠(グローバルサポートセンター特任教授)工芸担当
ミヒャエル・シュナイダー(美術学部准教授)版画担当
イラン・グェン(映像研究科/グローバルサポートセンター特任教授)アニメーション担当
麻生花帆(邦楽囃子方)邦楽担当
場所 野校地 美術学部 中央棟第7講義室 当面はZoomを使った遠隔授業を行います
使用言語 英語(日本語サポートあり)
単位数 2単位(専攻によっては卒業要件に含まれない場合もあります)
受講方法 履修登録期間中に、教務システムCampus PlanからWeb履修申請

実践講座|アーティスト・芸術系研究者のための英語

世界に向けた自身の作品や研究の発信、情報収集、人的・組織的ネットワーク構築に欠かせないのがグローバル言語である英語の運用力です。各4回のセッションを通じて、受講者一人ひとりのレベル・目的に合った実践的なコミュニケーションスキルを習得します。2020年度前期はZoomを使った遠隔授業となります。

1 英語のプレゼンテーションとポートフォリオ制作

自分の作品や研究を効果的に伝えるプレゼンテーションのコツや、CV(履歴書)、アーティスト・ステートメント、PDFポートフォリオの作り方を学びます。基本的に美術のフォーマットを使用します。

受講申込フォーム(受付期間 5/1〜5/7) 締め切りました

前期 後期 内容
第1回 5/12(火)13:00〜14:30 決定次第おしらせします 英語による5分間の自己紹介(事前に内容を準備してくること)
第2回 5/19(火)13:00〜14:30 ポートフォリオ作成ワークショップ(構成)
第3回 5/26(火)13:00〜14:30 ポートフォリオ作成ワークショップ(完成)
第4回 5/27(水)13:00〜14:30 最終プレゼンテーション

2 英語のアカデミック・ライティング

国際的に多用されている、英語の論文のスタイルや研究方法を学びます。主に英語での論文発表を目指す学生を対象としていますが、研究方法などは言語を問わず学術活動全般において活用できる内容です。

受講申込フォーム(受付期間 5/1〜5/7) 締め切りました

前期 後期 内容
第1回 5/12(火)14:40〜16:10 決定次第おしらせします 研究方法
第2回 5/19(火)14:40〜16:10 研究のプラニング・構造
第3回 5/26(火)14:40〜16:10 参考文献レビュー
第4回 5/27(水)14:40〜16:10 個別相談

◆講師 ヤマモト アン トモコ(映像研究科特任助教)
キャサリン ハリントン(グローバルサポートセンター特任助教)
◆使用言語 英語(日本語サポートあり)
◆定員 各15名。定員を超える応募がある場合、(1)は学部・修士・博士課程の最終学年の方、(2)は修士・博士課程の方を優先します。同じ条件の場合は申込先着順。
◆受講条件 カメラとマイクが搭載されたパソコン、タブレットを使ってZoomによる通信が可能な方
◆申込方法 5月1日(金)〜5月7日(木)の間にGoogle Formから申込
◆注意事項 4回とも受講できるかたのみ、ご応募ください。ただし、曜日が異なる4回目のみ受講が難しい場合は相談に応じます。(プレゼンテーションをオンラインで提出、他の日時に面談を行うなどの対応を予定しています)。(1)と(2)両方を受講することも可能です。

単発講義|グローバルアーティストのためのリベラルアーツ

アーティストがグローバルに活躍するためには、現代社会が直面しているさまざまな問題や課題の本質を見極め、合理的かつ適切な解決方法を構想し実行していく能力も必須です。このシリーズでは、世界の最新動向とそれを理解するために必要な知識や教養を、各界の専門家・識者による講義を通して学びます。不定期開催。

2020年度の講義のテーマ(予定)
・なぜ“リプレゼンテーション”が重要なのか メディアや文化における人種の表象から考える
・多様化するアメリカの東アジア人アイデンティティ
・SDGs達成に向けてアートができること
・世界の難民地図2020
・マジョリティの特権
・21世紀日本の移民カルチャー
・AIと芸術の未来 など

日程や会場などの最新情報はこのページに随時掲載します。

イベントなど|留学生のための日本文化体験プログラム

本学の留学生を対象とした、日本理解を深めるためのプログラムです。本学が長年関係を培ってきたアーティストや団体の協力により、日本の芸術や文化の真髄に触れられる貴重な体験を提供します。不定期開催。

2020年度の予定
・箏ワークショップ
・三鷹の森ジブリ美術館ツアー
・能仕舞体験
・茶の湯体験
・防災体験ツアー など

日程や会場などの最新情報はhttps://global.geidai.ac.jp/international/events/に随時掲載

 

お問い合わせ
東京藝術大学グローバルサポートセンター
〒110-8714東京都台東区上野公園12-8
Email: globalsupport@ml.geidai.ac.jp

Note: Class plans may change due to the spread of the coronavirus. Please visit here for the latest information on academic calendar.

The Global Support Center has partnered with the university’s undergraduate faculties and graduate schools to create various initiatives to support artists and researchers aiming to make a difference in the world. The International Communication Program brings together these endeavors to provide Tokyo Geidai students with the skills and knowledge needed to engage in artistic activities with people from diverse cultural backgrounds and perspectives. This program is open to all Tokyo Geidai students including undergraduate students, graduate students, research students and international students.
*Registration procedures depend on the specific course. Please check the course descriptions for details.

Short Series|English for Artists and Researchers

English is a powerful tool for building networks, information gathering, and bringing your work and research to a wider audience. These four-session short series will help students gain practical communication skills in keeping with each student’s goals and language abilities. Taught by native English speakers.

1 English Presentation Course for Artists

This four-session course focuses on skills and tools needed to introduce your artwork in English. Topics covered include self-presentations (formal and informal), artist CVs, artist statements, and PDF portfolio.

Registration form (May 1-7) Ended

Spring Semester Fall Semester Topics
1 5/12 (Tue) 13:00〜14:30 TBA Artist Self-introduction Presentations (prepare 5-minute presentation in advance))
2 5/19 (Tue) 13:00〜14:30 Portfolio Workshop 1 (portfolio development))
3 5/26 (Tue) 13:00〜14:30 Portfolio Workshop 2 (portfolio completion)
4 5/27 (Wed) 13:00〜14:30 Final Artist Self-introduction Presentations

2 Academic Writing in English

Learn research methods and dissertation styles commonly found in international settings. This course is mainly geared for students who aim to present their research in English, but it will also cover research methods and other topics that are useful for academic research irrespective of language.

Registration form (May 1-7) Ended

Spring Semester Fall Semester Topics
1 5/12 (Tue) 14:40〜16:10 TBA Research Methods
2 5/19 (Tue) 14:40〜16:10 Research Planning and Structure
3 5/26 (Tue) 14:40〜16:10 Literature Review
4 5/27 (Wed) 14:40〜16:10 Individual discussions

◆Instructors : Ann Tomoko Yamamoto (Project Assistant Professor, Department of Film and New Media)
Catherine Harrington (Project Assistant Professor, Global Support Center)
◆Language : Taught in English (with support in Japanese)
◆Capacity : 15 students each. If the number of applicants exceeds the capacity, we will prioritize students in the final year of their courses (B4, M3, and D3) for “English Presentation” and Masters and Doctoral students for “Academic Writing”.
◆Registration : Sign up via Google Form between May1 and May 7. Enrollment in both series is allowed.
◆Important Note : Please sign up only if you can attend all four sessions although we will make exceptions for those who cannot attend the fourth session due to class schedule conflicts. You also need a computer or tablet with a videocamera and microphone in order to participate in the class via Zoom.

For-credit Course|Introduction to Japanese Arts and Culture

Department: Faculty of Fine Arts
Assistance: Global Support Center

It is becoming ever more important to reconsider the intrinsic value of Japanese culture from diverse perspectives and disseminate the findings with people from vastly different cultural backgrounds and areas of expertise. This for-credit course will examine some of the specialized fields in which Tokyo Geidai educates its students and conducts research to help students understand the doctrines of each field—in English—in a systematic manner with a historical perspective. For the 2020 academic year, we will focus on the four fields of arts and crafts, woodblock prints, animation and traditional Japanese music. This course offers Japanese students the opportunity to reexamine the arts and culture of their own country from an international perspective, and gives international students the opportunity to study the general outline of Japanese arts and culture that may lie outside their usual fields of study. The series will be taught through lectures with an emphasis on critical thinking and discussions.

Topics (15 classes in total)

Please note the following schedule is subject to change. Join the Google Classroom for this course for updates.

1 Orientation

2 Japanese Art Crafts #1 – An Exchange Between Eastern and Western Cultures and Arts
Shōsōin’s art and craft treasures, Japanese art and crafts from the inside, patrons and the roles played by Shogunate families

3 Japanese Art Crafts #2 – Japanese Art Crafts by Material
Ceramic arts and the rise and fall of Arita and Seto, metalwork’s role in arts and crafts and its later status, woodwork’s position between traditional and advanced arts and crafts, dyeing/weaving and Japan’s unique colors and fabrics, lacquer arts

4 Japanese Art Crafts #3 – Transcendent Skills from the Meiji Era to Contemporary Art
Meiji era craftworks as important cultural assets for modern Japan

5 Japanese Animation #1 – The Origins of Japanese Animation
Pioneering artists who learned from foreign films and explored their own creative paths

6 Japanese Animation #2 – Lineages for Puppet Animation in Japan
Tadahito Mochinaga, Kihachiro Kawamoto, and Tadanari Okamoto

7 Japanese Animation #3 – A Decade of Dramatic Changes in Post-war Japan (1956-1965)
The birth of major studios to the rise of independents and the beginnings of TV series

8 Japanese Printmaking and Art #1 – Publishing Art Then and Now: Japanese Art in Print
Japanese printmaking from early black and white prints to contemporary art practice

9 Japanese Printmaking and Art #2 – Publishing Art Now: Art and Print in Japan
Ideas and players in current art production

10 Japanese Printmaking and Art #3 – Publishing Art for Tomorrow
Art and visual culture in post-digital Japan

11 Group discussion or lecture on other topics

12 Japanese Music #1 – The Diverse World of Japanese Music
Gagaku (court music), noh, kyogen, kabuki, classical Japanese dance, Buddhist music, joruri (ballad dramas), folk songs, music for rites and festivals, sokyoku (koto music), and music written for the shakuhachi (bamboo flute) and biwa (Japanese lute)

13 Japanese Music #2 – Gagaku, Noh plays, Kyogen
History, methods of expression, costumes, stage equipment, and characteristics of the music

14 Japanese Music #3 – Sokyoku and Shukuhachi
Characteristics of instruction and use in ensembles from classical to modern Japanese music

15 Conclusions

◆Instructors : Yoshie Itani (Project Professor, Global Support Center) Arts and Crafts
Michael Schneider (Associate Professor, Faculty of Fine Arts) Printmaking
Ilan Nguyen (Project Professor, Graduate School of Film and New Media) Animation
Kaho Aso (Traditional Japanese musician) Japanese Music
◆Day/time : Spring Semester and Fall Semester, Wednesday 3rd period
◆Venue : Lecture Room 7, Faculty of Fine Arts Main Bldg., Ueno Campus  Classes will be conducted online for the time being
◆Language : English (support provided in Japanese)
◆Credits : Two credits (counted toward degree requirement in some departments)
◆Registration : Register from the online Campus Plan system during registration period (Spring and Fall semesters)

Single-Lecture Series|Liberal Arts for Global Artist

Artists working in global settings need the ability to examine diverse issues confronting contemporary society. This series offers lectures by experts dealing with ideas that are in the midst of transformations in global contexts. Held on an irregular basis.

Lecture topics planned for 2020 include:
・Representations of race in media and culture
・Diversification of Asian identity in the US
・Contributing to SDGs through art
・World refugee map in 2020
・Majority privilege in society today
・Japan’s immigrant culture in the 21st century
・AI and the future of art

Information about date/time and venue will be posted soon.

Japanese Cultural Experience Program for International Students

This program is offered for Tokyo Geidai international students. The program builds on the university’s long-standing relationships with artists and organizations to provide invaluable opportunities to experience Japanese art and culture. Held on an irregular basis.

Events planned for 2020 include:
Koto workshop
Ghibli Museum Tour
Noh Dance Lesson
Tea Ceremony
Disaster Prevention Center Tour

Information about date/time and venue will be posted at the following URL:
https://global.geidai.ac.jp/international/events/

 

Contact:
Global Support Center
Tokyo University of the Arts
12-2 Ueno Koen, Taito-ku, Tokyo 〒110-8714
Email: gsc-apply@ml.geidai.ac.jp

Last Updated: May 09, 2020