在留資格変更(卒業・修了、休学)

日本の大学に在籍中の在留資格「留学」は、大学在籍期間中のみ有効です。大学を卒業・修了(もしくは除籍・退学)後は、たとえ在留期間が残っていても「留学」の在留資格は無効になります。そのまま滞在をしていると不法滞在となるので注意してください。

大学を離れた後も就職活動や、就職、別の教育機関での教育を継続する場合は、必ず必要な手続きを行ってください。なお、日本在留を認めるかどうかについては、各留学生の個別の事情に応じて出入国在留管理庁が判断し決定されます。

日本国内で就職活動をする場合

日本の大学を卒業後に就職活動をする場合、卒業後直ちに「特定活動」の資格に変更する必要があります。期間は6ヶ月、さらに1回の期間更新により最長1年程度の滞在が可能です。この場合、週28時間以内のアルバイト(資格外活動)及び再入国許可も取ることができます。
これには大学が「就職活動についての推薦状」を発行する必要がありますので、①こちらの申請書、②在留カードのコピー、③就職活動を行なっていることがわかる資料を国際企画課に送って下さい。提出より3営業日以降にお渡しします。※申請はメールで受け付けます。
※③就職活動を行なっていることがわかる資料については、例えば、就職を希望する企業からの連絡、選考の通知や、企業とのやり取りメールなど、就活中であることが確認できる書類をご提出ください。入管でもこの書類の提出が求められます。

※大学発行書類については、通常、申請受付から書類発行までに最短でも5営業日以上(土日・祝日、大学の定める休日及び休暇を除く5日以上)かかります*。
また、申請内容に問題があった場合や証明書申請が集中した場合は2週間ほどお時間をいただきますので、余裕をもって申請してください。

*申請日は営業日に含みませんのでご注意ください。

参照:【出入国在留管理庁】大学等を卒業後就職活動のための滞在をご希望のみなさまへ

 

日本国内で就職する場合(卒業時点で就職先が決まっている場合)

就労に必要な在留資格に変更する必要があります。就職先の企業等に相談してください。

参照:【出入国在留管理庁】日本での活動に応じた資料【在留資格変更許可申請・在留資格取得許可申請】

 

日本国内の別の教育機関で教育を継続する場合

所属機関を変更する必要があります。出入国在留管理庁へ「活動機関に関する届け出(「離脱」と「移籍」)」を提出してください。

参照:【出入国在留管理庁】所属機関等に関する届出手続

 

母国へ帰国する前に帰国準備等のために短期間日本に滞在したい場合

たとえ在留カードに書いてある在留期間が残っているようにみえても、卒業と同時にあなたの「留学」の在留資格は無効となっています。出入国在留管理庁に申請して「短期滞在」の在留資格をとってください。大学が発行する書類はありません。ご自身で手続をしてください。

参照:【法務省】在留資格「短期滞在」へ変更する場合

休学をする場合

今持っている在留資格(留学)の活動を継続して 3カ月以上行っていない場合、在留資格を取り消されることがあります。

留学生が「休学」をする場合、休学期間中は 本国へ帰国か 他の在留資格を取得する必要がありますので注意して下さい。なお、休学中はアルバイトはできません。

「留学」の在留資格を持っている留学生の場合「経済的な理由」での休学は正当な理由にあたりません。休学を考えることになったらすぐに、国際企画課へ相談して下さい。

<参考>留学生の休学について(PDF)