GxGREPORT

[開催案内]キャンパス・アジア国際シンポジウム[Online Event] Campus Asia International Symposium

January 12, 2021

Co-work 融合と競争 −日中韓学生アニメーション共同制作− / Fuse and Collide: Japan-China-Korea Student Animation Co-work

大学の世界展開力強化事業(キャンパス・アジア)として東京藝術大学大学院映像研究科アニメーション専攻が取り組んできた「日中韓学生アニメーション共同制作(Co-work)」の成果と展望を、共同者の韓国芸術綜合学校(K’ARTS)および中国伝媒大学(CUC)とともに発表します。


  • 日時:2021年1月22日(金)13:00〜16:30(オンライン)
  • 主催:東京藝術大学大学院映像研究科
  • 協力:韓国芸術綜合学校(K’Arts)、中国伝媒大学(CUC)
  • 参加費:無料
  • 言語:日本語・韓国語・中国語 同時通訳
  • お申し込みはこちら:
    https://www.eventbrite.co.uk/e/co-work-japan-china-korea-student-animation-co-work-registration-131673724655
    このイベントにご登録いただいた方には、後日、Zoomウェビナーのリンクと、同時通訳機能についての資料をご登録のメールアドレス宛てにお送りします。
  • お問い合わせ:sgu-contact(at)animation.geidai.ac.jp

プログラム内容

<第一部 13:00>
▷開会の挨拶
佐藤邦明 文部科学省高等教育局主任大学改革官、国際企画室長
▷基調講演
田中栄子 STUDIO4°C代表取締役
「STUDIO4℃における国際共同制作の取り組みと展望(仮)」
▷Co-work2020実施報告および作品上映

<第二部 15:00>
▷シンポジウム 「Co-workの11年とこれから」
登壇者:
市山尚三 国際映画祭「東京フィルメックス」ディレクター
イ・ジョンミン 韓国芸術綜合学校教授
ジャ・シュウチン 中国伝媒大学教授
岡本美津子 東京藝術大学副学長、大学院映像研究科教授(敬称略)

*プログラム内容は予告なく変更となる場合がございますのでご了承ください。


日中韓学生アニメーション国際共同制作(通称Co-work)について
日中韓3か国の大学院でアニメーションを学ぶ学生が、企画から仕上げまでを共同で行い、短編アニメーション作品を完成させるプログラム。アジアのアニメーション文化の将来を担う若い制作者たちのネットワーク構築を目指して平成22年に東京藝術大学と韓国芸術綜合学校の2校からスタートし、平成24年に中国伝媒大学が加わり、今年度で11回目を迎えた。
平成28年には、文部科学省「大学の世界展開力強化事業(アジア諸国等との大学間交流の枠組み強化)」(キャンパス・アジア)に採択され、「国際アニメーションコース創設に向けた日中韓 Co-workカリキュラム」をテーマに実施、2020年度がその最終年に当たる。

Co-workウェブサイト:caica.online

 

Fuse and Collide: Japan-China-Korea Student Animation Co-work (Online Symposium)

Co-work is a program in which animation students from graduate programs in Japan, China and Korea collaboratively create short animation works from the development stage to completion. Tokyo University of the Arts (Tokyo Geidai), Korea National University of Arts (K’Arts) and Communication University of China (CUC) take part in this venture which marked its 11th iteration in 2020. In addition, from 2016 through 2020 Co-work received support from the Campus Asia program, a trilateral program to encourage exchange among university studies in Japan, Korea and China. This event will focus on the achievements of Co-work over the past 11 years, as well as consider trilateral exchange within the context of Campus Asia.


  • Date: January 22 (Fri) 2021, 13:00-16:30 (Japan time)
  • Organizer: Tokyo University of the Arts, Graduate School of Film and New Media
  • Cooperation: Korea National University of Arts (K’Arts), Communication University of China (CUC)
  • Admission: Free
  • Languages: Simultaneous interpretation between Japanese, Korean and Chinese
  • Register here:
    https://www.eventbrite.co.uk/e/co-work-japan-china-korea-student-animation-co-work-registration-131673724655
    Those who register for the event will receive email notifications with the Zoom webinar link and details regarding the simultaneous interpretation setup a few days before the event.
  • Contact: sgu-contact(at)animation.geidai.ac.jp

Program

13:00 Part 1
▷Opening remarks
Mr. Kuniaki Sato, Chief Director for University Reform and Director, Office for International Planning, Higher Education Bureau, Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology (MEXT), Japan
▷Keynote address
Ms. Eiko Tanaka, founder, CEO and president of STUDIO4°C
▷Presentation of Co-work202015:00

Part 2
▷Panel Discussion
“Co-work’s Achievements and Future Prospects”
Panelists: Mr. Shozo Ichiyama (Director, TOKYO FILMeX), Prof. Jung Min Lee (K’Arts),
Prof. Xiuqing Jia (CUC), Prof. Mitsuko Okamoto (Tokyo Geidai)

*Program is subject to change without notice

For more information about Co-work, please visit: caica.online