PAGE TOP

[留学生の藝大体験記20] Anđelić Marijana (美術研究科・日本画専攻)

2017.1.27

※留学生本人から英語で提出されたものを掲載してあります。
※和訳は、大学側でつけたものです。

Name, Department, Home country and city, Duration
基本情報(氏名、所属、出身国・都市、在籍期間)

I am Anđelić Marijana and when I was born in Belgrade, Serbia. It is a country in the heart of the Balkan Peninsula. I am a third year doctoral course student of Japanese painting (Nihonga). Before coming to Japan I graduated a five-year course of Belgrade Art University and experienced working in many art techniques like mosaic, printmaking and oil painting. I have been in Japan for six and a half years now.

アンジェリッチ・マリヤーナと申します。バルカン半島中央部のセルビア共和国のベオグラード出身です。現在は博士課程三年目で、専門は日本画です。日本に来る前に、ベオグラード芸術大学で五年間のコースを卒業し、モザイク画や版画、油画などの様々な芸術技法を用いた作品制作を経験しました。日本に来て六年半になります。

Why did you choose Geidai as your study abroad destination?
藝大に留学したきっかけ

By a chance, during my art studies in Serbia I learned about Japanese art and philosophy and I became drawn to Japan. I was doing extensive research on Internet and consulted my Japanese friends and everybody assured me that Geidai is the place to study art in Japan.

I was always interested in more traditional approach in art, so choosing to study Nihonga at Geidai was the best choice I ever made, because founders of this department basically invented the Nihonga style of painting.

セルビアの美大生だった時、偶然に日本の芸術と哲学について学び、日本に惹かれるようになりました。インターネットで色々検索して日本人の友達にも相談したところ、皆から日本で芸術を学ぶなら芸大に行くべきだと言われました。

より伝統的なアプローチを用いた芸術にずっと関心を持ってきたので、藝大で日本画を学ぶことは人生で最良の選択でした。日本画の様式は藝大の日本画コースの創設者たちによって築かれたといっても過言ではないからです。

report102-01

What did you do to prepare yourself for studying abroad in Japan?
留学前に準備したこと

I tried to memorize as many Kanji as I could by taking Japanese classes in a language school. Also, I listened to Japanese music all the time and watched movies so that I could learn Japanese as fast as possible. I tried to cover the area as wide as possible because I didn’t know what to expect once I come to Japan, so I watched both old and new movies, listened to both enka and pop music. It was very interesting and different from everything we had in Serbia. Especially movies gave me a good idea of Japanese cultures and modern values.

語学学校で学び、できるだけ多くの漢字を暗記するよう努力しました。それから、できるだけ早く日本語が身につくように、いつも日本の音楽を聞いたり、映画を見たりしていました。日本に行ったら何が待ち構えているのか予想できなかったので、映画は新旧問わずに見て、音楽も演歌からポップまで聞き、できるだけ幅広い分野に触れるようにしました。とても面白いと思いましたし、セルビアとは何もかもが違いました。特に映画からは日本の文化や現代の価値観についてよく学ぶことができました。

What do you study at Geidai?
藝大で学んでいること

At first I was studying how to use the Nihonga painting materials, since this technique is very difficult to learn in Serbia, or outside Japan in general. It is actually a very difficult technique, and I took two years of research studies in Geidai just to get used to technique before taking an exam for Master course. Now I am on Doctor Course studying about identity and its impact on my work, while searching for the best way to express myself in Nihonga.

まず初めは日本画の素材の使い方について学びました。セルビアなど日本以外の国で日本画の技法を学ぶことはまず難しいからです。実際に日本画の技法は非常に難しく、藝大ではまず技法に慣れるために研究生を二年間経験して、それから修士課程を受験しました。現在は博士課程で自己のアイデンティティと作品へのその影響について研究するとともに、日本画で自分を表現するための最適な方法を模索しています。

What do you like about Geidai?
藝大に来てよかったこと

The moment I came to Geidai I was assigned with a professor who guided me through this whole time. Even though my language was poor at the beginning, my professor was very patient and trying so hard to explain Nihonga to me. I still keep his drawing-explanations.

Furthermore, even though I planned to return after two years of learning Nihonga, I grew to like it so much and the environment I was studying in, I prolonged my stay in Japan twice.

藝大に来てすぐに、今日までずっと指導を受けている先生のもとで学ぶことになりました。当初は日本語が上手くありませんでしたが、先生は非常に辛抱強く、日本画について熱心に説明してくれました。先生が書いてくださった説明画を今でも持っています。

日本画を学んだら二年でセルビアに帰る予定でしたが、日本画の技法と藝大の環境をとても気に入ってしまい、二度も帰国を延期しました。

report102-02

What are the things that impressed you or surprised you in Japan?
日本に来て印象に残っていること・意外だったこと

The language barrier. I felt so lonely when I couldn’t speak the language in my first year in Japan, but thanks to my peers and colleagues from the Master course, they helped me overcome the cultural differences by talking to me and by mutual exchange of opinions.

Also, to this day I am surprised by the Japanese self-management and good upbringing. Each person feels deep personal responsibility about everything they are part of. I learned much from them. 

言語の壁です。日本に来て最初の年は日本語が話せずとても孤独でした。でも、修士課程の同級生や仲間たちが話しかけてくれて、意見を交換したりしているうちに、文化の違いを乗り越えることができました。

それから、日本の人々の自己管理能力と行儀の良さには今でも驚かされています。一人ひとりが自分の関わっている全ての事柄に対する強い責任感を持っています。私は彼らから多くのことを学びました。

What are your future goals?
将来の目標

I wish to continue painting in Nihonga technique and try to spread it both domestically and abroad. I feel that there are problems with painting materials, some artisans are closing down or getting old. I want to promote it as much as I can and bring its beauty to the spotlight so that this technique will continue to celebrate Japan’s unique artistic expression in it.

This is just a dream at the moment, but I would love to lead a Japanese art center somewhere outside Japan and call my Japanese friends to do lectures and exhibitions. I wonder if I could paint Nihonga in a different climate…

日本画を描き続けて国内外で広めたいです。日本画の素材は職人の廃業や高齢化などで難しい問題を抱えていると感じています。この日本独自の芸術表現が今後も栄えていくため、私は可能な限り日本画を世に広めてその美点に注目が集まるよう努力して行くつもりです。

今はまだ夢の段階ですが、いつか日本の外で日本芸術センターを主宰して、日本の友人による講義や展覧会を開けたらと思います。日本とは異なる環境で日本画を描くことができるとよいのですが…

Please write a message for students wishing to study in Japan.
日本への留学を考えている学生へのメッセージ

If you are interested in traditional arts and crafts, then you probably won’t find place with such a high quality teaching stuff and good atmosphere in ateliers. One can really devote themselves to the process of learning art. Also, Geidai has facilities in Nara and once a year organizes a research trip, where one can immerse themselves in the roots of Japanese culture and discover the most magical places where art and nation where created at the same time.

伝統的な芸術や工芸に興味があるなら、これほど優れた教員や雰囲気の良いアトリエに恵まれた場所は他にはありません。藝大では芸術を学ぶ過程に没頭できるでしょう。また藝大は奈良に研修施設を持っており、研修旅行が年に一度企画されます。日本文化のルーツに囲まれ、芸術と国家が同時に生まれたもっとも神秘的な数々の場所を発見することができます。

report102-03